「保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』東証一部上場の経営コンサルティング会社である船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ 

このページの記事目次 (カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング

total 271 pages  次のページ →  

選べる採用

   ↑  2017/04/27 (木)  カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング
✨新著が出ました!✨

保育士不足が叫ばれる中、如何にして「この園で働き続けたい!」と職員に思ってもらえる園づくりが出来るのか!?
保育園経営者、幹部はもちろんのこと、保育士さんも読める内容です!
全国の保育園事例も満載!

https://www.amazon.co.jp/働き続けたい保育園づくり-大嶽-広展/dp/4863196067/ref=cm_sw_em_r_awdo_w_daOL_wkF


さて、今日は2件のコンサルティング。

午後の神奈川の学校法人さまでは、採用がいよいよ動き出しました。

しかし、やはり学生の動きが鈍い。
というよりも、競争が激しく、中々自園になびかない。

名簿は取れても、その先に誘導出来なければ、意味がありません。

ここは、採用人数が3~4人ですが、何とか3倍くらいの倍率にさせたいです。


壁は高いですが、益々人材の重要性を感じる中、「選べる採用」を実践していきたいと思います。

ではまた。

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/blog-entry-1395.html

2017/04/27 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

縦×横×高さ

   ↑  2017/04/27 (木)  カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング
✨新著が出ました!✨

保育士不足が叫ばれる中、如何にして「この園で働き続けたい!」と職員に思ってもらえる園づくりが出来るのか!?
保育園経営者、幹部はもちろんのこと、保育士さんも読める内容です!
全国の保育園事例も満載!

https://www.amazon.co.jp/働き続けたい保育園づくり-大嶽-広展/dp/4863196067/ref=cm_sw_em_r_awdo_w_daOL_wkF

さて、今日はアゼリーさんのご支援。

今回からグーグルのドライブ管理をしております。

常に立てた目標に対してのPDCAをしっかり管理していくことが目的です。

嬉しかったのが、学童事業、サッカースクール事業、コンサル事業の成果が出始めたこと。

これは、アゼリーさんの横串テーマで、それが園のバリューアップに繋がる事業です。


どんな事業もそうですが、縦×横×高さが有機的に動くと加速度的に事業として成長します。

縦は施設別、横は機能別、高さはテーマ別。

これがいよいよ機能し始めた感覚を覚えました。


何があろうが、アゼリーさんは、私の中で常にモデルです。

何社かあるのですが、アゼリーさんと一緒に成長していけることが、私の幸せであり、ひいては業界貢献に繋がると思ってます。

それくらい、一人一人のレベルも高く、大切なパートナーです。

新年度スタートして、とても良い結果を聞けてこの上ない幸せです。

それぞれのタスクフォースで立てた目標をしっかり実現していきたいと思います。

ではまた。

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/blog-entry-1394.html

2017/04/27 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

やっぱり身体は資本!

   ↑  2017/04/25 (火)  カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング
✨新著が出ました!✨

保育士不足が叫ばれる中、如何にして「この園で働き続けたい!」と職員に思ってもらえる園づくりが出来るのか!?
保育園経営者、幹部はもちろんのこと、保育士さんも読める内容です!
全国の保育園事例も満載!

https://www.amazon.co.jp/働き続けたい保育園づくり-大嶽-広展/dp/4863196067/ref=cm_sw_em_r_awdo_w_daOL_wkF


さて、今日は社内の1年生向けに研修。

今年から全社的な研修の後、本部として約20コマの研修をします。

かなり細かいコンサルティングスキルを磨く場になってるため、新人としては、「研修セカンドステージ」といったところでしょう。

これらを習得すれば、かなりのスキルが身につきます。

今年から船井総研も平均年齢が20代になります。

尚更教育機会が重要。

しかし、みんな優秀ですね。
飲み込みが早いし、質問のレベルが高い。


その後は、大手不動産デベロッパーの支援。

さらに、その後は名古屋に移動して、プロジェクトの報告会。

慌ただしくすぐに東京へ戻ってきました。

この分刻みの1日が数ヶ月続いてますが、移動時間は貴重です。

今日も山積みの仕事をパソコンでカチャカチャ、、と思ったら急に眠気が来て、何年振りでしょうか、、移動時間に寝てしまいました。

この2日間、寝てるのですが、疲労は慢性的ですね。

身体は資本です。

そして、トップが疲れているということは、メンバーはもっと疲れているということ。

働き方の改善が求められます、、、

ではまた。

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/blog-entry-1393.html

2017/04/25 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

17人しか子どもが生まれない地域で、、

   ↑  2017/04/24 (月)  カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング
✨新著が出ました!✨

保育士不足が叫ばれる中、如何にして「この園で働き続けたい!」と職員に思ってもらえる園づくりが出来るのか!?
保育園経営者、幹部はもちろんのこと、保育士さんも読める内容です!
全国の保育園事例も満載!

https://www.amazon.co.jp/働き続けたい保育園づくり-大嶽-広展/dp/4863196067/ref=cm_sw_em_r_awdo_w_daOL_wkF


今日はどちらの支援先も人口減少が急激に進む町村部にあるこども園、幼稚園。

午前中のご支援先では、東京でも保育園を運営しておりますが、本園は、

・人口4000人
・毎年の出生数17人

という超過疎地。

それでも他の町村から、園児も来ているため全体で80人は維持してますが、
今後心配ということで、これまでのご支援内容に加えて、「園児募集」の
テーマで打ち合わせ。

・商圏10~15キロ
・商圏人口30000人
・0~5歳人口800~1000人
・全体シェア12%
・0~2歳保育利用率80~90%

という概算なので、詳細は次回までに詰めるとして、

・園全体の意識変革
・0・1歳の親子教室の募集・プログラム強化
・出前教室のスタート
・ホームページのリニューアル
・名簿管理、KPI管理
・フォロー体制の強化

あたりを徹底的にしていかないと、本当に未来はないなと。

幸い、これまで戦略的な園児募集はあまりしてきていません。

しかし、これは20~30年後の縮図でもありますので、まずはここから
1年で減少に歯止めをかけ、そこから、微増でも増えていく状態にして
いきたいと思います。

そして、その状況次第では、大きな舵取りを迫られることも考えられます。

よく寂れた観光地に行くと、食堂、パチンコ、ガソリンスタンドの潰れた跡地を見かけますが、当然人がいない地域では、どんなに成長分野でも事業は成り立ちません。

それならば、伸びる可能性のある地域に移るべきなのです。

しかし、それは最終手段。
そして、まだまだ来たいと言ってくれる子どもや保護者がおり、地域の保育を支えることが命題なので、それを裏切れません。

この葛藤の中で白黒はっきりさせるためには、やるべきことをやった上で判断することです。

幸い、本当にやれることがいくつかあります。

しっかりご支援していきたいと思います。


ではまた。

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/blog-entry-1392.html

2017/04/24 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

10年前の慣習は化石である

   ↑  2017/04/24 (月)  カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング
✨新著が出ました!✨

保育士不足が叫ばれる中、如何にして「この園で働き続けたい!」と職員に思ってもらえる園づくりが出来るのか!?
保育園経営者、幹部はもちろんのこと、保育士さんも読める内容です!
全国の保育園事例も満載!

https://www.amazon.co.jp/働き続けたい保育園づくり-大嶽-広展/dp/4863196067/ref=cm_sw_em_r_awdo_w_daOL_wkF


しばらくブログの更新を怠ってました、、

先週は1週間出張で、全く家にはおらずという状態でした。

先週と言えば、鹿児島でのコンサルティングから始まり、大阪で3件のコンサルティング、研究会大阪会場、セミナー、さらに全体会議、次世代リーダー候補ミーティングのオブザーバー、そして幹部研修。

ほぼ休みもなく、土曜まで来て、ようやく昨日は休息が取れました。

書きたいことはたくさんあるのですが、世の中の変化に伴い、これから保育業界だけでなく、様々な業界が変化していくことを強く感じます。

そのキーワードは、

・働き方改革、生産性向上
・高収益化
・デジタルコンテンツ化
・ビッグデータ化
・IoT、IT、システム、クラウド化
・自動化、機械化
・プラットフォーム化
・ペーパーレス化
・オープンイノベーション
・分業化、代行化
・クリエイティブ重視

などです。

もう、当たり前のようにこれらのキーワードがビジネスの世界で飛び交っており、もはや定着しております。

また、それを知らないというのは、本当に怖いことです。

ゲームチェンジはどんな業界でもあっという間に起こります。

昨日の敵は今日の敵という時代ではなく、昨日の敵はもはやいない、明日の敵こそ本当の敵という時代な訳です。

例えば、保育業界で考えても、異業種大手がいつの間にか業界を牽引するでしょうし、キッズラインやスマートシッターのようなサービスが代替品として脅かすかもしれません。

もっと先を、もっと広く、そしてもっと深く考えなければ生き残れない時代に完全に突入してます。

「10年前の慣習はもはや化石である」

そう思って経営、そしてコンサルティングをしたいと思います。

ではまた。

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/blog-entry-1391.html

2017/04/24 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |