「保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』東証一部上場の経営コンサルティング会社である船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ 

このページの記事目次 ( ← 2010年12月 → )

total 13 pages  次のページ →  

関西の保育事情

   ↑  2010/12/27 (月)  カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング
さて、今日は関西で2件のコンサルティング。

大阪から兵庫に移動して先ほど東京に戻ってきました。

関西のクライアントは4社いますが、関東の人は関西のマーケットをほとんど知りません。

例えば大阪市、堺市、東大阪市、高槻市の待機児童を足しても、川崎や横浜には及ばないくらい待機児童は少ない状況です。

逆にいえば首都圏の待機児童は異常です。。

また、大手の企業もほとんど進出していません。

認証保育所のような充実した独自制度も少ないですし、
認可保育園も取りにくいからです。

また、価格に対してシビアなのが関西の特徴。

今日伺った兵庫の某都市でも、認可外保育所の平均保育料は45000円程度。

家賃と人件費の安さを考慮しても首都圏に比べると分岐点が上がりやすい傾向にあります。

しかし、良い点も。

競争環境が比較的緩いため、きっちり独自性を出せば圧倒的に一番も十分目指せます。

最近関西企業の引き合いが増えているため、
興味を持つ企業は確実に増えているため、今後は競争が厳しくなる可能性も高いですが、これからの動向をきっちり見極めて開園していく必要があります。

今お付き合いしているところでは圧倒的一番を創っている園もありますので、引き続き成功企業を生み出していきたいところです。

それでは明日も親子の幸せな未来のために・・がんばれ保育!

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/blog-entry-231.html

2010/12/27 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |