「保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』東証一部上場の経営コンサルティング会社である船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ 

このページの記事目次 ( ← 2013年07月 → )

total 20 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

時代の変化とともに

   ↑  2013/07/30 (火)  カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング
[3月20日新刊が発売されました!]

保育業界に関わる全ての方へ。。
~最新保育サービス業界の動向とカラクリがよ~くわかる本~
著者:大嶽広展
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4798037648/ref=redir_mdp_mobile?linkCode=as2&redirect=true&tag=shuwa01-22
書店でもAmazonでもご購入いただけます!

[保育経営の最新情報が満載]
保育経営ナビ更新しました♩
http://www.hoiku-biz.com/

さて、今日は1件のコンサルティングと全体会議。

船井総研がホールディングス化することになりそうです。
(もちろん、これは公開してますのでご安心を。)

ホールディングスのメリットは、

・グループ会社の連携が取りやすい
・事業会社として専念できる
・M&Aがしやすくなる
・事業会社に合った制度が作れる

などがありますが、いよいよ船井総研も大きく舵を切りそうです。

また、上期の決算が先日発表になりましたが、おかげさまで増収増益、売上、営業利益、経常利益、当期利益全て二桁成長です。

経営コンサルティング会社として会社の業績が悪かったら致命的ですから、ここはメンツを守っています。

それ以外に興味深かったのは、分野別の業績です。

船井総研は約100業種15分類ほどに分かれます。

規模の大きい順に、

1.住宅不動産
2.アミューズメント・パチンコ
3.士業
4.Web
5.自動車

となっており、「流通・小売」に強い船井という印象はもはや消え去ったのかもしれません。

会社は時流適応で変化せねばなりません。
過去の栄光にすがっていては成長はありません。

時代を見極める力こそ、経営者にとって大切な力。

もちろんコンサルタントも一緒です。

それでは明日も親子の幸せな未来のために・・がんばれ保育!!
スポンサーサイト

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/blog-entry-734.html

2013/07/30 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。