「保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』東証一部上場の経営コンサルティング会社である船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ 

このページの記事目次 ( ← 2015年01月 → )

total 9 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

自発性を高めること

   ↑  2015/01/29 (木)  カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング
みなさん、いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます!
船井総研の大嶽です。

只今新時代保育経営研究会、お試し参加受付中です。お気軽にお越しください。
http://www.funaisoken.co.jp/site/study/mfts_1184910870_240.html

昨日は九州でのコンサルティング。

事業所内保育所の受託事業支援です。

この会社様の頑張りもあり、4月から新たに2施設開園します。

それに当たって採用をしなければならないのですが、あるフリーペーパーに広告を出して5日間で10人の保育士の反応がありました。

掲載が2週間なので15人は超えるでしょうね。

素晴らしいです。

オープニングという強みもありますが、それよりも、

・競合が少ない
・媒体が少ない

ということで、ピンポイントの媒体にオープニングと訴求することで効果が生まれたのだと思います。

やはり採用や求人は随分地域差がありますね。。

東京ではこんなことあり得ません。

東京の保育園が聞いたら羨ましく思でしょうね。


そして、今日はある首都圏の学校法人様のご支援。

園長、主任の先生を中心とした管理職ミーティングです。

ヒヤリハット報告の実施状況に随分各園で差があります。

しっかり出来ている園は、

・自発性の促進
・アウトプットの場作り
・習慣化

の3つを大切にしているとのことでした。

特に自発性の促進は大切です。

やらされてるではなく、やりたいという想いにさせるためにどう働きかけたり、環境づくりをするか。

そのポイントは、

「なぜ?」と「○○だから」

です。
これが大切です。
理由と目的ですね、

しっかりその成功事例を共有していただいたので、今後が楽しみですね!
スポンサーサイト

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/blog-entry-980.html

2015/01/29 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。