「保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』東証一部上場の経営コンサルティング会社である船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ 

このページの記事目次 ( ← 2016年10月 → )

total 13 pages  次のページ →  

ビジョンプレゼン

   ↑  2016/10/31 (月)  カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング
パナソニックさんで特別開催セミナーを実施します!

Panasonic SUPER BOX 2016

「認定こども園開設ノウハウ大公開セミナー」

日時:2016年 11月16日(水) 13:30~
場所:大阪国際会議場
問い合わせ:06-6946-1130 エコソリューション社 近畿市場開発部

認定こども園移行を検討する私立幼稚園、私立保育園の理事長、園長必見です!


さて、週末は部ビジョンプレゼンという社内行事に参加しました。

皆様のおかげで、当教育保育ユニットは来期から教育保育グループという組織単位が一つ上がり、大きくなります。

おそらく来期の船井総研は10部、30グループ体制になると思います。

この部ビジョンプレゼンはこの部長、グループマネージャーがホールディングスの社長も含めた全役員以上の前で、来期の構想をプレゼンします。


船井総研のグループマネージャーはその業界の看板コンサルタントですから、そのコンサルタントが作ったビジョン、プランは本当に勉強になります。
(お金を払ってでも見たい内容です。)

自動車業界、外食業界、パチンコ業界、そして、医療、介護、保育など、社内の約半分のグループがこの日プレゼンしました。


改めて各ビジョンを見ると、明らかに船井総研の変化を感じます。

それはこれまでのように粗利至上主義ではなくなったということ。

「◯◯年までに粗利◯億円やります!」

みたいな表現はなくなりました。


そうではなく、プロセス目標。

つまり、KGIを粗利以外に設定し、そのプロセス目標であるKPIに比重を置いてるということ。

そして、それが、自分本位ではなく、明らかに社会のため、お客様のために設定されたものになっています。


これが今の時代にマッチしているのです。


プランニングの良い勉強になりました。


ではまた。

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/blog-entry-1307.html

2016/10/31 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |