「保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』東証一部上場の経営コンサルティング会社である船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ 

このページの記事目次 ( ← 2016年11月 → )

total 14 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

5年間の「型」

   ↑  2016/11/25 (金)  カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング
みなさん、こんにちは。
船井総研の大嶽です。

1件目は離島にある社会福祉法人さまの支援。

こども園移行です。

無事に採用も上手くいったようです。

後は書類や料金設定など、細かいところの詰め。

もう一踏ん張りです。


午後はアゼリーグループさんのご支援。

M先生が先日ご参加いただきました教育経営フェスタのフィードバックをしてくださいました。

入社6年目の先生ですが、本当に勘所が良かったです。

こちらが伝えたかったことを的確にまとめてくれました。


入社5年を超えるとある程度「型」が出来上がります。

この型をブラッシュアップして磨いていくのがその先5年なのですが、それまでの5年間で作り上げた型というのは、この先そう簡単には変えられないものです。


M先生のような「型」であれば、ここから先の5年間が楽しみです。

もちろん上司から見れば、課題も多いのでしょうが、あの発表を見れば社会人としてのレベルがよく分かります。


各園の主任クラスが育ってきていることに安心感を感じるとともに、園長先生方の高いマネジメントレベルを再認識しました。

法人採用についても、Y園長とH園長が本当に高いモチベーションで尽力されてます。

本来、園長業務との兼任で行うのは本当に大変なことです。

それでも園見学に1人申込むだけで心から喜べる意識は素晴らしいですね。

こういう時は成功の3条件で考えれば、間違いなく良い方向に進むでしょう。


それにしても、アゼリーさんの支援の時は、何故か私自身、フロー&ゾーンになります。
(もちろん、他のご支援先でもそのようなところはありますが。)

これは相性なのでしょうか。
それとも、理事長が醸し出すオーラなのでしょうか。

スーパーサイヤ人に変貌するかのように、不思議と力がみなぎる感覚があります。


本当にありがたい限りです!

ではまた。
スポンサーサイト

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/blog-entry-1321.html

2016/11/25 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。