「保育専門コンサルタント 大嶽の『現場日記』 

保育所ニーズは高まるばかり

   ↑  2017/02/07 (火)  カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング
[近日開催予定セミナー①]
4月入社の新人に基本を伝えるならこの研修でバッチリ!!
意識と行動の改革!戦力化のための礎づくりの場です。
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/014355.html

[近日開催予定セミナー②]
幼稚園、認定こども園の未就園児教室の新たな形をご提案します。
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/015401.html

[近日開催予定セミナー③]
続々と保育園から認定こども園に移行が進むのは何故!?
保育園からこども園に移行するための移行ノウハウが満載!
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/015527.html

みなさん、こんにちは。
船井総研の大嶽です。

さて、今日は5件のコンサルティング。

ちょっと疲れました、、^_^

やはり開設と採用が2大テーマ。

例年にも増して東京都内のこの時期の中途採用は異次元的に厳しいです、、

あらゆる策を講じてますが、中々上手くいかない、、結局紹介会社に頼らざるを得ない。

そんな状態です。

しかし、逆を言えば、紹介会社のスキームを事業会社が出来ないのか?と考えるのが普通ですが、そこまでPPC広告費用もかけられない、、

ならばということで、期間限定PPC広告にチャレンジします。


さて、話は変わりますが、日本総研の池本レポートはとても参考になりました。

また、感覚がとても近かったので、少し安心もしました。

やはりこのままの出生数低下と女性就労率上昇で進めば、保育所ニーズは20年後も残りそうですね。特に0~2歳についてはさらに増えていきそうです。

改めて社会問題として解決していく必要性を感じます。

在宅強化、公有地活用、条例の見直し、潜在保育士掘り起こしなどなど。

まだまだやることがいっぱいです、、

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/blog-entry-1351.html

2017/02/07 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 採用の差別化
この前の記事 : 事業方針はまちまち