「保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』東証一部上場の経営コンサルティング会社である船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ 

幼稚園向けこども園移行セミナー

   ↑  2017/02/14 (火)  カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング
[近日開催予定セミナー①]
4月入社の新人に基本を伝えるならこの研修でバッチリ!!
意識と行動の改革!戦力化のための礎づくりの場です。
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/014355.html

[近日開催予定セミナー②]
幼稚園、認定こども園の未就園児教室の新たな形をご提案します。
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/015401.html

[近日開催予定セミナー③]
続々と保育園から認定こども園に移行が進むのは何故!?
保育園からこども園に移行するための移行ノウハウが満載!
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/015527.html


さて、先週は幼稚園向けこども園移行セミナーを東京と大阪で開催いたしました。

参加者は50名。

これは大阪会場での名刺交換タイムです。


これは第一講座の休憩中にメイン講師のチームリーダー島崎に名刺交換の行列が出来ている写真^_^


船井総研としても、既にこども園移行の個別コンサルは30法人にもなり、研究会のこども園分科会も30法人、協会等とは役割が異なりますから、コンサルティング会社としてのこども園サポート体制としては、日本有数であることは間違いありません。

それもあり、講座の満足度は100%、参加者からの個別コンサルのご依頼率は50%を超えました。

コンサルティングの仕事は、

成功事例づくり→お披露目→コンサルのご依頼→成功事例づくり→お披露目→コンサルのご依頼

の繰り返しですので、当然顧問件数が多い方が成功事例はたくさん生まれますし、セミナーの質も上がるので、さらにご依頼をいただけるようになります。

そして、もっと大事なのは、

「質の高い情報と事例が集まること」

です。

コンサルの情報の質とは「成功確率を高める確度の高い情報かどうか」

ということですね。情報の幅も大事ですが、まずは質。

そして、それはプレゼンスが高まれば高まるほど入りやすくなります。
一番には一番がやって来るのは当然のことです。

こども園についてはその「ループ」に入り始めました。

しかし、もちろんまだまだ品質向上の余地は多々あるので、さらに高みを目指して、日本の学校法人幼稚園のこども園移行、そしてこども園運営、経営を支援していきたいと思います。


ではまた。

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/blog-entry-1355.html

2017/02/14 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 待機児童問題
この前の記事 : 初の園長顔合わせ