「保育園経営コンサルタント 大嶽の『現場日記』東証一部上場の経営コンサルティング会社である船井総合研究所で、日本で先駆けて保育業界の経営コンサルティング領域を確立した業界の第一人者が、毎日全国の保育園における経営コンサルティング活動を綴ったブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

幼稚園接続保育

   ↑  2017/09/01 (金)  カテゴリー: 保育園 経営コンサルティング
⭐️New⭐️
昨年に引き続きの人気セミナー!
保育園がこども園になるために必要なノウハウを大公開!
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/023766.html

さて、「幼稚園接続保育」が日経の一面に載りました。

それに伴い、早速数法人から相談や問い合わせがあり、回答しました。


結論、一定の効果はあるにしても、待機児童の抜本的解決にはなりません。
(もちろん、国もこれだけで解決しようとは思っていませんが、、)

待機児童問題は、都心部の問題であり、2歳までの問題です。

地方では進むでしょうが、都心部では構造的な問題に加え、利用者のユーザビリティを考えるとなかなか難しいわけです。


平成30年度の内閣府の企業主導型の予算概算要求は今年と変わらず1300億円。

要求の根拠として、「企業主導型の活用」という文言や整備における税優遇措置は明記されているものの、如何せん予算が足りなすぎる。

私の見立てでは、7万人の受け皿を今年度作った場合、来年度は運営費だけで2000億円は必要になると思います。

700億円も足りない、、

そして、ここには施設整備費が入っていない。


これを解決する方法は2つだけ。

・運営費の大幅カット
・別財源・追加財源による捻出

運営費の大幅カットをすると、混乱を招くため、考えにくい。

すると、何らかの形で財源を捻出しなくてはなりません。

まだまだ見えない来年度予算です、、、


ではまた。

(記事編集) http://hoikubiz.blog129.fc2.com/blog-entry-1441.html

2017/09/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : パットさん総会!
この前の記事 : ステージ3に突入?

Comment

コメントを投稿する 記事: 幼稚園接続保育

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : パットさん総会!
この前の記事 : ステージ3に突入?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。